1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 千葉でマイホームを建てる「山沿いの家」VS「海沿いの家」
2020年05月25日/ Last updated : 2024年06月24日

千葉でマイホームを建てる「山沿いの家」VS「海沿いの家」

日本は四季折々、様々な景色を楽しめる世界でも珍しい国です。千葉県=海というイメージも強いですが、鋸山(のこぎりやま)や富山(とみさん)など、景色を満喫しながら登山も楽しめる場所がたくさんあるのです。山頂からは美しい海の景色や富士山も見えるなど、海以外の楽しみ方も満喫できます。

今回は、千葉で自然を満喫するマイホーム!をテーマに「山沿いの家」VS「海沿いの家」で比較をしてみましょう。山沿いで自然を感じながら暮らすのもよし。海沿いでレジャーや趣味を満喫するもよし。あなたならどちらの楽しみ方を家づくりに取り入れますか。

豊かな自然が楽しめる千葉県

千葉はテーマパークなどの大型レジャー施設から、外国との玄関口とも言われる成田国際空港、自然の恵みを活かした様々な施設など、家族で楽しめるスポットがたくさんあります。温暖な気候と肥沃な大地、豊かな海に囲まれた千葉県は、「落花生」をはじめとして大根やニンジンなどの野菜類、梨や枇杷などの果物類、伊勢エビ・アワビ・海苔などの水産物といった多彩な食材の宝庫でもあります。

色とりどりの花が咲き誇る花畑や、情緒あふれる日本の原風景が広がる棚田、里山を走るレトロ列車など、自然と癒合したスポットが多いのも特徴です。マリンスポーツの聖地としてサーフィンやダイビングも楽しめ、太平洋側には66km続き砂浜を満喫できる九十九里コーストラインなど、潮風に吹かれながらウォーキングできる場所も多数あります。

「山沿い」と「海沿い」の生活を比べてみよう

「都会から離れて、落ち着いて暮らしたい」「子どもを自然いっぱいの環境で育てたい」など、便利な街中も良いけれど、自然あふれる土地で伸び伸びと暮らしていきたいと考える方は少なくないはずです。海、山ともに美しい自然も多い千葉県。ここでは「山沿い」と「海沿い」の生活を想像してみましょう。

「山沿いの家」の魅力とは

山沿いに住む最大のメリットは、緑豊かな自然を満喫できる部分です。四季折々の良さを楽しめる。広めの庭で趣味のガーデニングや家庭菜園を楽しめるなど、健康的な生活にも期待が高まります。そして中心部や海沿いの人気スポットと比較すると、土地の価格も抑えられる傾向があります。家づくりの予算には限りがあります。もし購入予算が同額の場合、山沿いならではの広い敷地購入やスペックの高い家づくりが期待できます。

千葉のように海に近い環境であれば、山沿いの家から海を見下ろせるロケーションも夢ではありません。

「海沿いの家」の魅力とは

海沿いに住む最大の魅力は、家にいながらもリゾート気分が味わえることでしょう。家の周りでマリンスポーツを楽しむ。新鮮な魚介類を味わうなど、アグレッシブなライフスタイルを満喫できます。

海水浴場やレジャーを楽しめるようなスポットも多くあるため、日常生活を送る上で比較的便利な環境が整っています。

お互いの地区のリスクとは

違った環境ながらも自然を存分に満喫できる「山沿いの家」「海沿いの家」ですが、だからこそ気をつけなければならないポイントもあります。リスクをしっかり把握することは、長く暮らす住まいづくりにはとても大切です。「山沿い」「海沿い」の注意ポイントをまとめてみましょう。

「山沿いの家」の注意ポイント

山沿いの地域の場合、買い物できる施設は多いとは言えません。そして公共交通機関が充実している場所ばかりではないので、マイカーは必須となります。そのため駐車場などの環境の整備も頭の中に入れておく必要があります。

自然災害の面で考えると、山沿いの住宅には場所によって「土砂災害」のリスクがあります。土砂災害のリスクを抑えるためには、土地選びの際にしっかりとチェックをすることと、土地に合わせた家づくりが重要です。

千葉県では土砂災害の危険がある「土砂災害警戒区域」をホームページ上で案内しています。土地探しの際にこういった機能をしっかりと活用し、危険区域に入っていないかを確認することで土砂災害のリスクを軽減することもできます。

土砂災害警戒区域マップ|千葉県 https://www.pref.chiba.lg.jp/cs-ichihara-s/dosyasaigaimap.html

「海沿いの家」の注意ポイント

海沿いの地域は、レジャースポットへの近さによっては観光客などの影響を受けることも考えられます。人が多く集まることにより、日頃使用している施設が混雑する、また車での渋滞に巻き込まれるという可能性も。そして何より注意したいのが塩害です。塩害で洗濯物に塩成分が付着する、住宅や車などが錆びやすくなるなどのデメリットも考えられます。家づくりの際に塩害対策をしっかりと取り入れることで、被害を軽減することも可能です。

海沿いに家を建てるポイントは、こちらのコラムでご紹介しています。

千葉の海沿いに建てる戸建ての注意点 https://creacasa.jp/column/3419/

災害の面では、台風による強風や地震での津波などのリスクが予想できます。海の近くでも少し高台の場所に建築するなど、リスク対策を検討しておくことも大切です。

どう生活を送るのか イメージすることが大切

自分らしい家づくりを叶えるためには、どんな暮らし方をしたいのか。こんな住まいにしたいなど、イメージをふくらませることも大切です。千葉で自然を満喫した家づくりを叶えたお家をご紹介します。

セミオーダー×ZEH 海近サーファーズハウス

深いモスグリーンのガルバリウム鋼板を使用した外観。サンシェードを付けたダークブラウンのパーゴラ。大きなサボテンやアガベを植え、石や流木を配置して完成させたドライガーデンなど、すべてが一つとなってカリフォルニアスタイルを表現しているT様邸。ライトアップで夜の庭に浮かび上がるサボテンたちも素敵です。 室内は吹抜けリビングの天井や壁の一部を板張りにしオープン階段を採用することで、のびやかな空間を実現しています。

「せっかく作ったウッドデッキは、だんだん使わなくなる…というのが嫌で、居心地の良いテーブルセットやマットを置いてとことん活用。ほんとに“もう一つのリビング”という感じです」とおっしゃるT様は出勤前のサーフィンが日課。大好きな海のそばでアクティブな暮らしを愉しまれています。 「家は3回建てないと満足できないと言いますが、自分は1回目で理想の家になりました」と喜んでいらっしゃいます。

房総の自然に溶け込む美しい別荘

現代風の縁側をイメージし、玄関を設けないスタイルのN様邸別荘は、海に近いため外壁には湿気に強い米杉、ステンレス釘の採用など細かい部分にも配慮しています。無垢の床材や塗り壁で上質な空間に仕上がりました。

天井から光が差し込むロフト、薪ストーブのゆらぐ炎・・・。別荘で過ごす時間をより豊かにする工夫いっぱいのN様邸。和のテイストをところどころに利かせたセンスは参考になります。

クレアカーサであなたの夢を叶えてみませんか

私たちクレアカーサ(株式会社日立リアルエステートパートナーズ)は、千葉県茂原市にある建築会社です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、施工管理技士などのプロの有資格者がタッグを組み、たったひとつのあなたの我が家を完成させていくのがクレアカーサの家づくりです。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。一邸一邸大切に住宅を提供すること。これが当社の家づくりの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをしています。

■ ショールームや各種イベントのご予約・お問い合わせはこちら

■ 家づくりのヒントがいっぱい!カタログ無料プレゼント

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

クレアカーサ(CREACASA)は、イタリア語で”家 ・ 家族を創り出す”

という意味を示しています。

あなたの想いを私たちに伝えてみませんか。

 

株式会社日立リアルエステートパートナーズ  クレアカーサ ショールーム&モデルハウス

■住所 〒 297-0037 千葉県茂原市早野2648-1

■フリーダイヤル 0120-35-3436

■営業時間 10:00~18:00  ■定休日 毎週火・水曜日

■施工対応エリア 千葉県全域  ※詳しくはお問い合わせください

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

監修者情報 クレアカーサコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。 ・免許情報 ・資格情報 ・執筆出演 ・受賞歴など

住宅業界の専門性について

免許登録
資格情報
  • 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、
    宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士他
受賞歴
  • ・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞を2シリーズでダブル受賞
    ・三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019 ブロンズデザイン賞
    ・ZEHビルダー評価制度で最高ランクの6つ星を取得 等

アーカイブ

×