1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 総二階のおしゃれな間取り&外観づくりのポイント|新築事例も
2022年05月29日

総二階のおしゃれな間取り&外観づくりのポイント|新築事例も

総二階のおしゃれな間取り&外観づくりのポイント|新築事例もtop

効率の良い間取り配置を考えていると、自然に「総二階」の間取りになっていることは少なくありません。

総二階の間取りにはメリット・デメリットの両方があり、しっかり把握することが家づくりの失敗を防ぐポイントです。

今回は実際の総二階間取り&外観の事例を見ながら、おしゃれで暮らしやすいマイホームに仕上げるコツを学びましょう。

 

コラムのポイント

  • ● 総二階建てのメリット・デメリットを両方把握しましょう。
  • ● おしゃれな総二階の外観・間取り事例をバリエーション豊富に紹介します。

 

 

総二階とは?

南欧風の総二階建て外観

総二階は、1階と2階が同じ形をしている家のことを指します。

総二階のほかには、1階の方が広い「部分二階」、2階の方が広い「オーバーハング」などがあります。

現在総二階建ては多くの戸建て住宅で採用されているため、町中で見かけることが多い間取りです。

コスト・効率面のメリットが大きい反面、注意すべきデメリットもあるので、両方把握してご自宅にマッチするかしっかり検討しましょう。

 

総二階のメリット

二つのキューブを組み合わせた総二階建て外観

土地を効率良く活用できる

総二階は一階部分の床面積を抑えることができ、お庭や駐車場など土地活用しやすいのが魅力。

広い土地が少ない都市部では、建蔽率・容積率の上限まで床面積を確保しようとすると、自然と総二階になることも多いです。

 

コスト面で有利

シンプルなシルエットに仕上げやすい総二階建ては、建築コストを抑えやすいのもメリットの一つです。

上下階の壁・柱の位置を揃えやすく、外壁の凹凸を減らすことで材料や施工の手間をカットすることができます。

品質を落とさず効率化を図ることで、コストパフォーマンスの良い家づくりができるのは総二階の大きな魅力です♪

 

シンプルな構造でメンテナンス性に優れる

上下階のシルエットが同じで凹凸が少ない総二階は、外壁塗装など将来のメンテナンス面でも有利な点が多いです。

入隅・出隅と呼ばれる建物の角はひび割れが発生しやすいため、少ないほど塗装のときの下地処理の手間が省けます。

シンプルなシルエットの建物は雨漏れリスクも少なくなるので、結果的にメンテナンス費用を抑えて長持ちしやすいのです。

 

防犯性が高まる

総二階には下屋と呼ばれる一階部分の屋根がないため、二階から侵入される空き巣リスクを減らせるのも大きなメリットです。

一階部分の窓やドアの防犯対策はもちろん必要ですが、侵入経路が減ることで空き巣に狙われる可能性自体が減るのはありがたいですよね。

 

総二階のデメリット

キューブデザインの白い総二階建て外観
※窓と玄関の配置でのっぺり感を回避した総二階の外観

 

のっぺりした印象になりやすい

総二階建てはシンプルなシルエットなため、屋根やカラー選びに注意しないと立体感が無くのっぺりした印象になりやすい点に注意です。

特に真四角の総二階は、工夫しないと安っぽく見えてしまう可能性が高いです。

対策については、この後の外観のポイントで詳しく解説します。

 

上下階のバランスが難しい

上下階の床面積が同じなので、一階のスペースが不足しやすいのも総二階の注意点です。

お住まい全体の広さによっては、リビングや水回りなどを一階に配置すると、床面積が足りなくなるケースがあります。

 

土地選びのハードルが高い

総二階建ては長方形・正方形などある程度整った形の土地でないと難しいことが多く、形の悪い土地には向いていない点もデメリットと言えます。

また二階部分が広くなるため、北側斜線や道路斜線といった高さの制限を受ける可能性も高くなります。

総二階に限ったことではありませんが、これからマイホーム用の土地を探す方は、必ず私たち住宅会社と「どんな家を建てられるのか」確認しながら選びましょう。

 

 

総二階間取りのポイント

総二階間取りは一階の面積が限られるため、水回りとLDKを効率よく配置しつつ収納量も確保することが大切です。

 

リビング階段と吹抜けで開放感のある間取り

特に一番広い間取りであるLDKは、動線に配慮しつつ開放感もしっかり確保したいところです。

二階の床面積に余裕があれば、吹抜けやリビング階段を組み合わせて開放感をアップするのも良いですね。

 

二階リビングの総二階間取り図

こちらのお住まいのように、二階リビングの間取りにして上下階のバランスを調整するのも一つの考え方です。

 

総二階外観のポイント

総二階の外観はシンプルで平面的に見えやすいため、アクセントや外構の工夫で立体感を演出するのが大切なポイントです。

 

玄関アプローチで立体感を演出

例えばシンプルなキューブ状の総二階なら、おしゃれな門扉を手前に配置して奥行き感を演出するのも一つの手です。

 

ヤシの木で立体感を出した総二階外観

シンボルツリーやウッドデッキで、シンプルなシルエットに変化を付けるのも自然なテクニックですね。

 

南欧テイストにコーディネートした新築外観

玄関ポーチや窓のデザインなどを活用し、のっぺり感を回避しておしゃれに見せるのも素敵です♪

総二階建ての場合は特に、建物単体で考えるのではなくエクステリア全体で立体感やイメージを調整してみてください。

 

おしゃれな総二階の間取り&外観事例

 

事例①

白い外壁の四角い総二階建て

シンプルだから美しい 白い塗り壁のサーファーズハウスの間取り図

DATA
延床面積: 97.71m² (29.55坪)
敷地面積: 298.23m² (90.21坪)

シンプルだから美しい 白い塗り壁のサーファーズハウス

南に向け大きな開口のある吹抜けリビングは、タイルデッキとの段差を極力無くすことで室内外の連続性が高まり、空間に広がりをもたらします。

 

開放的なオープンスタイルのキッチン

光がさんさんと降りそそぐリビングの他にも、無駄を省きシンプルに整えられた洗面室や、スツールを設置したキッチンカウンターなど日常の中にもリゾートを感じるS様邸。

 

事例②

ブラックサイディングの総二階外観

セミオーダー×ZEH シンプルスタイリッシュな家の間取り図

DATA
延床面積: 112.62m² (34.06坪)
敷地面積: 210.85m² (63.78坪)

ヤシの木とアメリカンフェンスの庭

黒い外壁に木のアクセントがシックな印象のS様邸。アメリカンフェンスを使ったエントランスとのバランスで、シャープでありながらあたたかみを感じる外観に仕上がりました。

 

西海岸テイストのさわやかなリビング

室内カラーは白と茶を中心にところどころ濃紺を加え、アクセントクロスで遊び心をプラス。シックで落ち着きのある西海岸スタイルになりました。

 

事例③

カリフォルニアテイストの総二階建て外観

トレーニングルームのあるサーファーズハウスの間取り図

DATA
延床面積: 101.84m² (30.80坪)
敷地面積: 459.21m² (138.91坪)

ホワイトフェンスのお住まい

カバードポーチのあるグリーンの外観+ホワイトフェンスが目をひくF様邸。ヤシの木が揺れる庭は美しく整えられ、海帰りにポーチで一息つけば心地よい風を感じる・・・そんなお住まいです。

 

一戸建てのトレーニングルーム

室内にはトレーニングジムさながらの本格マシンが並び、オーナーのライフスタイルを表わしています。

 

西海岸テイストの家具もおしゃれなリビング

F様邸は、2階にリビングがあるスタイルでロケーションも抜群。窓は必要最低限に、でも風と光が通るような間取りになっています。

 

事例④

総二階建ての外観

 

セミオーダー×西海岸スタイル リビングに書斎のある家_間取り図

外壁は黒のガルバリウム鋼板、室内は開放的な吹き抜けを設け、濃い色あいのドアや床・アイアンなどを採用しながら西海岸風スタイルに仕上げました。

 

ウッドデッキの庭

リビングから繋がるウッドデッキにはタープを設置。エクステリアとのトータルデザインで、リゾート地で過ごす休日のような心地良さを演出しています。

 

リビング内の半個室デスクスペース

リビングとゆるやかに繋がる書斎は光と風が通り収納棚もたっぷり。お気に入りのインテリアを飾ったり、仕事や趣味を愉しむなど夢が広がる空間です。

 

 

まとめ

効率の良い総二階建ては、マイホームづくりでぜひ検討したい選択肢の一つ。

メリット・デメリット両方ともしっかり把握し、土地やライフスタイルに合わせて検討できるようにしておきましょう。

ここでご紹介した以外にもたくさんの施工事例・間取り図を掲載していますので、こちらもぜひ家づくりの参考にチェックしてみて下さい。

 

 

モデルハウス公開中のバナー

クレアカーサでは、2棟のモデルハウスを公開しています。

 

クレアカーサでは、お客様の小さな声も形にするお手伝いをしています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいかなあ」など、大まかなイメージで大丈夫です。

お客様との何気ない会話からご要望を見つけ出し、アドバイスやご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお声がけください。

 

クレアカーサであなたの夢を叶えてみませんか

私たちクレアカーサ(株式会社日立プロパティアンドサービス)は、千葉県茂原市にある建築会社です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、施工管理技士などのプロの有資格者がタッグを組み、たったひとつのあなたの我が家を完成させていくのがクレアカーサの家づくりです。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。一邸一邸大切に住宅を提供すること。これが当社の家づくりの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをしています。

Contact ~お気軽にお問い合わせください~

  • ■ ショールームや各種イベントのご予約・お問い合わせはこちら

 

 

監修者情報 クレアカーサコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。 ・免許情報 ・資格情報 ・執筆出演 ・受賞歴など

住宅業界の専門性について

免許登録
資格情報
  • 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、
    宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士他
受賞歴
  • ・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞を2シリーズでダブル受賞
    ・三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019 ブロンズデザイン賞
    ・ZEHビルダー評価制度で最高ランクの6つ星を取得 等

アーカイブ

×