1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 家事がしやすい注文住宅を建てて千葉県で暮らそう
2021年01月14日/ Last updated : 2024年06月24日

家事がしやすい注文住宅を建てて千葉県で暮らそう

賃貸での暮らしから、新しく千葉で家を建てて暮らす。

今までより暮らしやすく、環境の良い場所に住み替える。

その場合、「今の暮らしではこんな部分が使いづらいから、新しい家ではこうしたい」

「共働きなので朝も夜もバタバタ。家事を効率よくできる家がほしい」

「子育てに忙しい毎日。家事の時間を短縮して、子どもとのふれ合いや自分ひとりの時間を大切にしたい」

など、千葉での住宅建築を考えている方の数だけ、いろいろな希望や思いがあります。

今暮らしている環境のマイナス部分を改善することで、新しい住宅ではプラスの面に変化させることも不可能ではありません。

今回は「千葉で快適な住まい作りをする」ことにクローズアップし、家族の生活を支えている「家事」に注目してみましょう。

家づくりにアイデアを組み込むことで、暮らしやすい住まいに変化させることができます。

あなたの家づくりを、クレアカーサがバックアップします。

負担に感じる家事はなんですか?

○ お料理が苦手。他の人より時間がかかってしまう。

○ 片付けが苦手。いつも物が散らかってしまう。

○ 単調な作業が続く洗濯が苦手。

など、どの家事を負担に感じるのかは個人の得手不得手、そこで暮らす家族構成によっても大きく左右されます。

家事は家族の生活を守る上で欠かせない作業とはいえ、お料理・洗濯・掃除は大きな負担と感じている方が多いようです。

家事分担では男性が積極的に家事を行う家庭も増えていますが、「家事・育児」に加え「仕事」と、共働き家庭の増加に伴い女性にかかる負担が更に大きくなってきている傾向が見られます。

どの位家事の負担がかかっているのか、参考になるグラフがあります。

出典:平成21年度(2009年度)インターネット等による少子化施策の点検・評価のための利用者意向調査|内閣府

こちらは内閣府が調査した「労働時間(通勤を含む)別家事時間<配偶者と同居の子どものいる有職者>」になります。

今でこそ育児や家事に参加する男性も多くなりましたが、どうしても家事は「女性主導」の傾向が高いことが分かります。

男性の方が勤務している時間が長い、通勤などに時間がかかっているなど様々な要因はありますが、家事しやすい家づくりをすることで双方の「家事軽減」が期待できます。

縁があり夫婦となったとはいえ、価値観や考え方には違いがあります。

家事負担を軽くする、コミュニケーションを取りやすくするなど、家づくりの中で笑顔を増やす工夫を取り入れることは、いつまでも夫婦仲良く暮らすためにはとても大切です。

住宅の動線によって、家事も生まれ変わる

家事のしやすい家づくり、家事をサポートしてくれる住宅と言っても、ピンとこない方もいらっしゃるでしょう。

家事のしやすい、家族が暮らしやすい家づくりに重要となるポイントは、「動線」と「収納」です。

この2つをうまく家づくりに取り入れることで、同じ家事でも負担を軽減することができます。

今回は「動線」の部分にクローズアップし、アイデアと工夫でどこまで暮らしやすさが変化するのかを考えてみましょう。

お料理からお買い物までをサポートする動線

家事の中で最も行う回数が多いのが「料理」です。

朝食からみんなで集う晩ご飯。さらに休日には昼食が加わります。

回数が多い分、負担も大きなものになってしまいますが、家族の健康を守るために大切な家事のひとつです。

さて、「料理」とひとことで言っても、献立作りから調理、片付け、それにともなう買い出しなど、作業工程や範囲は多岐にわたります。

○ お買い物から帰って、すぐキッチンに荷物を運べて仕舞える動線と収納スペースを確保する。

○ 外出着から普段着にサッと着替えて家事ができる集中クローゼットを設ける。

○ 動きやすいキッチンや、配膳・片付けのしやすい水まわり動線にする。

このような工夫やアイデアを取り入れることで、移動距離も短くなり、体にあたえる負担も少なくなります。

どう動く、いつ行う ライフスタイルに合わせた洗濯動線

体力的に負担のかかる家事が、この「洗濯」です。

洗う→干す→取り込む→たたむ→しまう と、ひとつひとつの負担は軽いように感じられますが、流れで行う作業工程も多いため、どう動線を取り入れるのかにより家事負担が大きく変化します。

また共働き家庭の場合、洗濯できる・洗濯物を干せる時間帯が同じとは限りません。

身体に負担かからない洗濯動線を取り入れる、洗濯物を安心して干せるスペースを確保するなど、ライフスタイルに合わせアイデアを取り入れましょう。

掃除のしやすい機能や設備を動線に取り入れる

掃除もリビングや寝室などのお部屋から、トイレ、浴室などの水まわりと、多岐にわたります。

家事の中でも使用頻度の高い水まわりに動線を取り入れることで、移動距離も少なくなります。

また住宅に使われている建材や製品の開発や改良は日々進化していて、忙しい私たちをサポートしてくれます。

※ こちらのコラムで建材の解説をしています。ぜひ参考にご覧ください。

「建築素材でも変化する 住宅環境のひみつ」

また掃除のしやすい、汚れの付きにくい設備を取り入れることで、家事にかかる時間や身体にかかる負担を減らすことができます。

 

クレアカーサでは、暮らしの中で欠かせない家事負担をどうしたら軽減できるか、楽しくできるかをお客様に合わせてご提案しています。

今現在の生活で負担に感じていることをぜひお話しください。様々な工夫を取り入れていただくことで、より過ごしやすい家づくりが可能です。

「こうなったらいいな」などの大まかなイメージでも大丈夫です。

ぜひお気軽にご相談ください。

子育ての流れを住宅に取り入れる

住宅は、家族で長い時間過ごす大切な場所です。

住環境は子どもたちの成長にも大きな影響をあたえ、プラスにもマイナスにも働きます。

子どもたちの成長に合わせた家づくりを取り入れることで、育児や家事にかかる負担も変化します。

自然に自分から動ける動線を取り入れる

大人にとって動きにくい動線は、体の小さなお子様にとってはより負担も大きくなります。

家事動線や生活動線をスムーズにすることは、子どもたちの自主性も高めてくれます。

「動きやすい=理解しやすい」動線を取り入れることで、「自分のことは自分で」という意識付けも取り入れやすくなるでしょう。

子どもでも分かりやすい収納を心がける

片付ける場所が分かりにくいのにきれいに片付けよう!というのは、とても難しい話です。

親があまり干渉せず片付けを促すためには、「片付けやすい収納を作っておく」ことが大切です。

「おもちゃはこの棚に全部入れよう」「本はこっちにしまおうね」など、子どもでも分かりやすい収納を取り入れることで、自分で使った物はしっかりとしまえる習慣が身につけられるようになります。

物が散らばっていないスッキリした空間での生活は、子どもにとっても大人にとっても暮らしやすい環境です。

家族の笑顔を見ながら家事ができる工夫を

家事の負担が大きく感じる要因の一つとして考えられるのは、「ひとりで家事をしていることの疎外感」

家事をしながらも家族がコミュニケーションの取りやすい間取りを取り入れることで、「家事をしていてもひとりじゃない」という安心感が精神面にもプラスに働きます。

またお子様が小さいうちは、家事をしながら遊んでいる様子を見守るアイデアを取り入れることで、お子様にも安心感をあたえます。

お子様の「成長に合わせて必要なコミュニケーションが取れる家」をめざしましょう。

家事を楽にするアイデアを取り入れたお住まいを紹介

クレアカーサでお手伝いさせていただいたお客様の中でも、家事がしやすく暮らしやすい、新築戸建ての夢を叶えられた方が多くいらっしゃいます。

あなたの家づくりの参考にしてみてください。

吹抜けのある南欧スタイルのかわいい家

まるで絵本の世界から飛び出してきたようなたたずまいのM様邸。

玄関やニッチ、お部屋の入口に使われたアーチ型の開口部は訪れる人に穏やかな印象を与えます。

「キッチン・家事室・パントリー・バスルームを動線でつなげ、とても家事がしやすいです。

太陽光発電のおかげで、浴室乾燥機を毎日使用しても電気代が抑えられるのが嬉しいですね」と奥様もよろこんでいらっしゃいます。

キッチンと使用頻度の水まわりをまとめることで、家事の移動にかかる負担を軽減してくれます。

家族とコミュニケーションの取りやすい間取りは、心にあたえる家事負担も少なくなること間違いなしです。

このお住まいをもっと見たい方はこちら>>「吹抜けのある南欧スタイルのかわいい家」

自然素材と光、風に包まれた2階にLDKのある家

「爽やかな風と光が入ってくるキッチンで朝食を作るときに幸せを感じます」とおっしゃるK様のお住まいは、2階にLDKをプランニング。

外からの視線を気にすることなく四季折々の景色を眺め、くつろぐ事ができます。

玄関を入ってすぐにある洗面台は、ウイルスを家の中に持ち込ませない効果も期待でき、子どもたちの自主性も高めてくれます。

LDKを2階にプランニングしたことで、「洗う~干す~たたむ~しまう」の洗濯動線を整えられ家事の時間を短縮しています。

毎日の暮らしを快適にする工夫がいっぱいです。

このお住まいをもっと見たい方はこちら>>「自然素材と光、風に包まれた2階にLDKのある家」

クレアカーサであなたの夢を叶えてみませんか

私たちクレアカーサ(株式会社日立プロパティアンドサービス)は、千葉県茂原市にある建築会社です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、施工管理技士などのプロの有資格者がタッグを組み、たったひとつのあなたの我が家を完成させていくのがクレアカーサの家づくりです。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。一邸一邸大切に住宅を提供すること。これが当社の家づくりの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをしています。

■ ショールームや各種イベントのご予約・お問い合わせはこちら

■ 家づくりのヒントがいっぱい!カタログ無料プレゼント

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

クレアカーサ(CREACASA)は、イタリア語で”家 ・ 家族を創り出す”

という意味を示しています。

あなたの想いを私たちに伝えてみませんか。

 

株式会社日立プロパティアンドサービス  クレアカーサ ショールーム&モデルハウス

■住所 〒 297-0037 千葉県茂原市早野2648-1

■フリーダイヤル 0120-35-3436

■営業時間 10:00~18:00  ■定休日 毎週火・水曜日

■施工対応エリア 千葉県全域  ※詳しくはお問い合わせください

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

監修者情報 クレアカーサコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。 ・免許情報 ・資格情報 ・執筆出演 ・受賞歴など

住宅業界の専門性について

免許登録
資格情報
  • 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、
    宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士他
受賞歴
  • ・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞を2シリーズでダブル受賞
    ・三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019 ブロンズデザイン賞
    ・ZEHビルダー評価制度で最高ランクの6つ星を取得 等

アーカイブ

×