1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 千葉で叶えるあんしん住まい 住宅に求める安心とは
2020年03月07日/ Last updated : 2024年06月24日

千葉で叶えるあんしん住まい 住宅に求める安心とは

これまで自然災害への対策として注目されていたのは、主に地震でした。過去にも数多くの地震を体験し、地形上からも日本列島と地震は切っても切り離せない部分があります。その一方、他の自然災害の規模や脅威も拡大しているのが現状です。

日々の生活を営む中でも自分たちの暮らす住まいは、生活の基盤となる重要なものです。住宅に求めることには、デザイン性・快適性・機能性など、様々な項目が考えられます。そのすべてが叶えられ、継続していくためには「安心・安全であること」が大前提にあるのです。

いつ起こるか分からない自然災害。空き巣や盗難などの犯罪。私たちの生活を守るためには、未然の対策を立てリスクに備えることが重要です。今回は千葉で安心・安全な暮らしを過ごすために、住宅に求める安心についてクローズアップしてみましょう。家づくりの段階からできること。日常の生活でできること。安心・安全を守るために、自分たちでできることを考えてみませんか。

あんしんの家づくりとは

日本は世界の中でも地震などの自然災害が多い国として知られています。自然災害の中には地震だけでなく、近年大型化して被害の大きい台風や大雨など様々です。特に2019年は大型の台風や強風、大雨によって甚大な被害が引き起こされました。そしてまだその爪痕も残っているのが現状です。近年の自然災害の脅威は、年々パワーを増しています。

あんしん住まい:災害に強い家づくり

大切な家族の命、そして財産を守るためには災害に負けない家づくりが重要になります。地震に強い家はもちろんのこと、強風や大雨に対してなど様々な視点から家づくりを考えていくことが必要です。これから家を建てる時には、これらの災害に負けない、強い家にすることが大切です。また万が一被害にあった場合の備えとして、火災保険や地震保険など必要な保険を準備しておきましょう。

そして災害に強い建物づくりは、自分たちだけでなく周囲への被害を防止することにもつながります。自分の家を建てること。それは建物を安全に管理する責任も増えるのです。地域の風土や地形などの影響をふまえながらリスク管理を行うことは、あんしん住まいへの第一歩です。

あんしん住まい:日頃の危険を防止する家づくり

もしもの場合に備えて災害に強い住宅を建てることもひとつの方法ですが、日頃の安全のために必要な項目は「防犯性」です。空き巣などの被害に対しても、家づくりによって対策を練ることが可能です。空き巣などの犯罪は財産だけでなく、命の危険にもつながります。

安心・安全の住まいづくりのポイントをまとめていきましょう。

あんしん住まい:災害に強い家づくり

災害に強いあんしん住まいを作るためには、下のようなポイントがあげられます。

① 家を建てる地盤をしっかりと調べ、自然災害によって影響が出にくい土地を選ぶこと

② 災害などに耐えうる家づくりをすること

このふたつです。

①   家を建てる地盤をしっかりと調べ、自然災害によって影響が出にくい土地を選ぶこと

家族の生活を守る住宅自体の重量はとても重く、地震などに強い構造、風に強くするための補強など、様々な工夫が施されることによりさらに重さを増していきます。家の重さを支えきれる地盤なのかなど、土地の現状を知ることが重要です。

自然災害によって影響が出にくい地盤として選ばれる土地は、洪水や土砂災害・地震による液状化現象などの起こりづらい「固くしっかりとした地盤」を指します。また土地や敷地を見ただけでは、地盤の状態や周辺状況は決して分かりません。目に見えない状況を知るために、ハザードマップが役立ちます。

千葉県のホームページ(防災危機管理部防災政策課 http://keihatsu.bousai.pref.chiba.lg.jp/hazadmap/)では「千葉県ハザードマップ」を見ることができます。

津波浸水予測図、液状化しやすさマップ・ゆれやすさマップ、地震防災地図、洪水・土砂災害情報など幅広く公開されています。万が一の災害のために、災害の危険箇所や避難所、病院など災害時の拠点となる施設の案内など、幅広い情報が掲載されており、暮らし始めた後の災害対策にも役立ちます。自分たちが希望する土地の危険度なども知ることができ、土地の選定のための安全性も知ることができます。

② 災害などに耐えうる家づくりをすること

クレアカーサでは、あらゆる災害から「もっと皆さまの大切な家族やお住まいを守りたい!」という考えのもとに、「耐震工法+日本制震システム株式会社の制振システム」を使用し地震・強風に強い家づくりを提供しています。政府の地震調査委員会が公表した「全国地震動予測地図※」の2018年度版では、今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率を県庁所在地別に発表。その中でも千葉市が85%と、全国で最も高い数字となりました。

関東地方の沖合では3つのプレートが重なりあっていること、千葉県の沿岸部は低地あるいは埋立地が多く揺れが大きくなりやすいことなどが大きな地震が発生する確率が高い理由であると考えられています。そのような状況の下、クレアカーサでは、「もっと皆さまの大切なご家族やお住まい、財産を守りたい!」との思いから耐震工法+日本制震システム株式会社の制振システムをご提案しています。

※将来日本で発生する恐れのある地震による強い揺れを予測し、予測結果を地図として表したもの。国の地震調査研究推進本部により作成。

クレアカーサの住宅性能はこちら

https://creacasa.jp/concept/safetyandcomfort.html

日本制震システム株式会社の制振システムの詳細はこちら

https://creacasa.jp/mer/

あんしん住まい:日頃の危険を防止する家づくり

家族が危険な状況に陥るのは自然災害だけではありません。人口の密集している都市部では、空き巣などの住宅への侵入盗などの危険性も高まります。侵入されにくい家づくりは防犯率を高めます。(財)都市防犯研究センターの資料では、住宅侵入をする場合どのくらいの時間がかかったら諦めるのかというデータがあります。分かりやすいように円グラフにしてみました。

住宅侵入にかかる時間を調べてみると、2分以内が約17%。2分を超えて5分以内では約51%。これ以上の時間がかかった場合、約7割の侵入者は諦めるという結果になります。

出典:すまいる防犯110番|警視庁 https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_b/b_c_3.html

このデータを活かすのであれば、「侵入されにくい家づくり」をすることもひとつの方法です。不審者などが目立ちやすいなど侵入されにくい立地を選ぶ、地域での防犯対策の高い地域を選ぶなど方法は様々です。建物自体を強くすることももちろん大切ですが、どんな土地を選択するのかもリスクを削減するために大切なのです。

家づくりの不安や疑問を解消する相談会を実施

はじめての家づくりの場合、不安や疑問もいっぱいです。クレアカーサでは、建築にかかる費用や土地選びなど、初めての方にも安心して家づくりが始められる相談会を開催しています。

住宅にかかる資金のことや住宅ローンの活用方法など「知りたいけどなかなか聞けない・聞く機会がない」と言う声にお応えして、資金計画相談会を開催しています。自分たちに合う住宅ローンの選び方や購入後のローン返済の不安など、わかりやすくご説明します。

 

「自分たちのライフスタイルに合う土地探しはどこから始めたらいいのだろう」「良い土地を見極めることができるだろうか」など不安や疑問もいっぱいあるかと思います。クレアカーサの土地探し相談会では土地探しのポイントや最新の土地情報の紹介など、あなたの家づくりに役立つ情報をご提供しています。

家づくりに適した土地のお話や敷地の活かし方など、専門家ならではのアドバイスをさせていただきます。ぜひあなたの家づくりにお役立てください。

家づくりをはじめる方を 全力でサポートしています

クレアカーサでお手伝いさせていただいたお客さまの中にも、ライフスタイルに合わせたオリジナルスタイルのお住まいを建築された方も多くいらっしゃいます。魅力的な施工事例をご案内します。

大屋根が美しいペールブルーのアメリカンハウス

アメリカンハウスやサーファーズハウスで定番のラップサイディング+カバードポーチ。リビングの窓を全開にすれば大空間が広がる、アメリカ映画に出てくるようなT様邸。

「外を眺めながらコーヒーを飲んだり、ゆったりした時間を過ごそうと思ってつくった広いウッドデッキ。屋根が大きいので雨の日は子どもの遊び場にもなっています」と奥様。ウチとソトがゆるやかに繋がる、青空が似合うアメリカンハウスです。

「普通とはちょっと違うものがほしい」とリビングの壁に施した古材。つまみ状の操作レバーでon-offを切り替えるトグルスイッチ。毎日の生活に彩りを与えてくれる「好きなモノ・好きな空間」を大切にしていらっしゃいます。

キッチン裏にある家事室はバスルームと洗面室からもスムーズに移動できる場所に。「動きやすい水まわりなど、家事動線はねらい通りで嬉しい」とおっしゃる奥様です。

さらにZEH仕様プラス制振システムを採用。お財布と環境にやさしく、家族を見守る家に仕上がりました。

土地探しから家づくりまで しっかりバックアップします

私たちクレアカーサ(株式会社日立アーバンインベストメント)は、千葉県茂原市にある建築会社です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、施工管理技士などのプロの有資格者がタッグを組み、たったひとつのあなたの我が家を完成させていくのがクレアカーサの家づくりです。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。一邸一邸大切に住宅を提供すること。これが当社の家づくりの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをしています。

● ショールームや各種イベントのご予約・お問い合わせはこちら

● 家づくりのヒントがいっぱい!カタログ無料プレゼント

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

クレアカーサ(CREACASA)は、イタリア語で”家 ・ 家族を創り出す”

という意味を示しています。

あなたの想いを私たちに伝えてみませんか。

 

株式会社日立アーバンインベストメント  クレアカーサ ショールーム&モデルハウス

■住所 〒 297-0037 千葉県茂原市早野2648-1

■フリーダイヤル 0120-35-3436

■営業時間 10:00~18:00  ■定休日 毎週火・水曜日

■施工対応エリア 千葉県全域  ※詳しくはお問い合わせください

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

監修者情報 クレアカーサコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。 ・免許情報 ・資格情報 ・執筆出演 ・受賞歴など

住宅業界の専門性について

免許登録
資格情報
  • 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、
    宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士他
受賞歴
  • ・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞を2シリーズでダブル受賞
    ・三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019 ブロンズデザイン賞
    ・ZEHビルダー評価制度で最高ランクの6つ星を取得 等

アーカイブ

×