1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 40坪の家のおしゃれな間取り事例|注意すべきポイントも
2022年06月30日

40坪の家のおしゃれな間取り事例|注意すべきポイントも

40坪の家のおしゃれな間取り事例|注意すべきポイントも

これから長い時間を過ごすマイホーム、少し余裕のある広さで建てたいと考える方は少なくありません。

そこで今回は、平均より少し広めの40坪の家をテーマに、暮らしやすい間取りアイデアをたくさんご紹介します。

土地選定や動線など注意点も詳しく解説しますので、40坪以上の広い家をご検討の方もぜひ参考にしてみてください。

 

コラムのポイント

  • ● 40坪の間取り事例で広さ・デザインのイメージをつかみましょう。
  • ● 40坪の家と相性の良い間取りアイデアや、注意ポイントを把握しておきましょう。

 

 

40坪の家は平均より広め

40坪の家の広いリビング

40坪は畳80枚分の広さですが、それだけではちょっと広さをイメージしにくいですよね。

国土交通省が発表した調査によると、令和3年度の新築注文住宅の床面積平均は約36.42坪(120.2㎡)。40坪の家は、全国平均より約4坪(畳8枚分)広いということになります。

参照:国土交通省 令和3年度住宅市場動向調査

 

8畳あればもう一部屋作れますし、玄関やリビングを広くするなどアイデアも広がります♪

一般的な広さのお住まいより選択肢が増えるので、たくさん工夫を盛り込んでおしゃれで暮らしやすい間取りを目指しましょう。

 

40坪の家のおしゃれな間取り事例

さっそく、40坪前後のおしゃれな間取り事例を見ていきましょう。

各施工事例ページに詳細データと全体の写真もありますので、気になるお住まいがあったらぜひチェックしてみてください。

 

事例①:39.32坪

40坪の二階建て外観

暮らしを楽しむ吹抜けリビングの家の間取り図

DATA
延床面積: 130.00m² (39.32坪)
敷地面積: 205.63m² (62.20坪)

 

木目アクセントウォールがおしゃれなリビング

テレビは壁掛けにし配線も壁の中に収納。「とにかくスッキリ整えたい」という願い通り、清潔感のあるリビングになりました。

 

個室の書斎

書斎はご主人が趣味や仕事に集中できる大切な場所。「小さくても良いから叶えたかった夢の部屋です」とおっしゃいます。

 

シューズインクロークのある玄関間取り

玄関にはランドセルやアウター用の設置スペースを設け、外出前のスムーズな動きをサポート。

 

 

事例②:40.82坪

40.82坪の家の外観

セミオーダーで叶えた トレーニングルームのある家の間取り図

DATA
延床面積: 134.97m² (40.82坪)
敷地面積: 297.45m² (89.97坪)

 

トレーニングルームで遊ぶ子供

学生の頃からハンマー投げの選手だったご主人。玄関脇にはトレーニングルームを設置されました。

 

広い玄関

玄関~トレーニングルーム~洗面室~バスルーム~キッチンをつなぐ生活動線がスムーズです。

 

リビング横和室

「キッチンに立っているときも家族の姿が見えて安心。自然と会話も増えました」とおっしゃいます。

 

 

事例③:41.32坪

41.32坪の二階建て外観

ダウンリビングを愉しむ 白い塗り壁のガレージハウスの間取り図

DATA
延床面積: 136.62m² (41.32坪)
敷地面積: 195.24m² (59.06坪)

 

ダウンフロアのリビング

ダウンフロアのリビングでは段差をベンチに見立てて腰かけたり床に寝転んだり。自然と家族が集まって輪ができ、コミュニケーションが深まるよう設計しています。

 

カウンタータイプの対面キッチン

キッチンとダイニングテーブルは造作で一体化し配膳や片付けの動線をスムーズに。また朝食やティータイムに活用できるカウンターも生まれました。

 

 

事例④:40.65坪

40.65坪の二階建て外観

シンプル&機能的なヤシの似合うサーファーズハウス_間取り図

DATA
延床面積: 134.41m² (40.65坪)
敷地面積: 223.35m² (67.56坪)

 

自然光が入る西海岸風LDK

ご夫妻が一つ一つ選んだ、お気に入りのサーフブランドの家具やインテリアが映えるよう、また効率よく生活ができるように家のベースはシンプルかつ機能的なつくりに。

 

本棚のある趣味部屋

ランドリースペースのある洗面室

収納力たっぷりの造り付けの書棚、パウダーコーナーのある洗面室など、スタイリッシュで片付けのしやすい工夫が随所に施されたお住まいになっています。

 

 

事例⑤:39.07坪

39.07坪の二階建て外観

赤毛のアンが住んでいるようなアメリカンスタイルの家_間取り図

DATA
延床面積: 129.18m² (39.07坪)
敷地面積: 283.68m² (85.81坪)

 

中二階のデスクスペース

家族の時間を大切にしたいとおっしゃるM様。宿題をするお子様の横で読書をしたりパソコンを見ることができる、中2階のスタディーコーナーを設けました。

 

中二階下のスペース

階段下には旅行鞄やたくさんのおもちゃがしまえる秘密基地のような広い収納スペースがあり、空間を余すことなく生かしています。

 

 

 

40坪の家におすすめの間取りアイデア

少し余裕のある40坪の家だからこそ採り入れたい、おしゃれで暮らしやすい間取りアイデアをご紹介します。

 

リビング土間

土間のあるリビング

リビングの床面積に余裕を設け、お庭につながる土間スペースを設けるのも素敵な間取りアイデアです。

趣味の道具をお手入れしたり、ガーデニングの合間にお茶をしたり、室内外をつないでくれる便利な間取りです♪

 

カウンターキッチン

スツールを並べたカウンターキッチン

デザイン・使い勝手ともに優秀なカウンターキッチンは、床面積に余裕があればぜひ採用したい間取りです。

キッチン自体がおしゃれなアクセントになりますし、スツールを置いて軽食・ティータイム・バー気分など楽しみ方もいろいろ♪

 

ランドリースペース

ランドリースペースのある住まい

ランドリースペースがあると、雨風の強い日や帰りが遅くなる日も洗濯物を干す場所に困りません。

洗面所を1~2畳広くするだけでも、かなり洗濯物を干すことができます。

 

廊下のランドリースペース

2階の廊下を少し広げて、通路兼ランドリースペースにするのも便利なアイデア。

 

広いカウンター洗面台

広い造作カウンターの洗面台

1坪前後になることが多い洗面所も、少し拡張してカウンター洗面台を造るとおしゃれで使いやすい間取りに。

複数人で使えるので、忙しい朝の時間帯に待ち時間が発生しないのもgood♪

 

パントリー

パントリー

常温の食材や調理器具、ゴミ箱なども収納できるパントリーも、キッチンを便利にしてくれるアイデアです。

キッチンの収納力を補うことでキャビネットがすっきりして、お料理効率アップも期待できます♪

 

シューズクローク

2つの動線が選べるシューズクローク

シューズボックスと別の土間続きシューズクロークは、玄関の収納力と使い勝手を大きくアップしてくれます。

お子様の遊具や自転車、アウトドア・スポーツ用品などもサッとしまえて、玄関をすっきり美しく保てます。

上の写真のように玄関と別の動線を作り、帰宅後そのまま手洗い・入浴できるショートカットも便利です。

 

ウォークインクローゼット

大きなウォークインクローゼット

たくさんの洋服をアパレルショップのように並べられるウォークインクローゼットは、出し入れしやすく家事効率もアップする間取りアイデア。

家族の衣類をまとめて管理するファミリークローゼットにするのも便利です。

 

書斎/趣味部屋

リビング内の半個室デスクスペース

日本の住宅事情だと難しい個室の書斎・趣味部屋も、40坪前後の余裕があればぜひ検討したい間取りです。

コンパクトなスペースでも開放感あるおしゃれな個室を作れますので、お仕事や趣味に集中できる部屋を考えてみましょう♪

 

和室/畳小上がり

リビング隣の畳和室

部屋数・床面積に余裕があれば、畳のスペースをつくるのも便利でおしゃれなアイデアです。

リビング続きの和室はキッズスペース・書斎・応接間など、シーンに合わせて活躍してくれる便利な間取りに。

畳小上がりのある新築リビング

上の写真のように、間仕切りのない畳小上がりなら省スペースで空間に変化を与えられます♪

 

玄関手洗い

玄関手洗い

帰宅後すぐに手洗いうがいができる玄関手洗いも、最近採用例が増えている間取りアイデア。

洗面所と別にすることで、来客時に気兼ねなく使ってもらえるのもうれしいですね。

 

40坪の家づくりで注意すべきポイント

 

 

土地の選定

40坪前後の家を建てる場合、比較的広めの土地が必要になることは注意すべきポイントです。

その土地に建てられる家の床面積上限を決める建ぺい率・容積率によっては、40坪以下に制限されてしまう可能性もあります。

土地探しと間取りづくりを同時に進めて、理想的な家をムリなく実現できるように取り組みましょう。

 

動線

住まいは床面積が増えるほど動線が長くなり、家事効率が低下しやすいことも要注意ポイント。

家事に関わる水回りを一か所にまとめたり、行き止まりのない回遊動線をつくったり、なるべく移動効率の良い間取りを考えましょう。

間取りプランができたら、生活に関わる動線をリアルにシミュレーションしてムダを見つけてみてください。

 

外観デザイン

40坪前後の広い家はシルエットも大きくなるため、外観デザインが間延びしないように注意しましょう。

間取りが決まったら外からの見え方もチェックして、窓配置や屋根の形状でおしゃれにコーディネートしてみてください。

 

ランニングコスト

家のランニングコストは床面積に比例して増えることが多いので、しっかり把握しておきたいところです。

例えば広い家は空気の体積や窓からの熱損失が増えるので、光熱費も高くなる可能性があります。

特に広いLDKは冷暖房効率が低下しやすいので、省エネ性能にこだわってハウスメーカーを選びましょう。

外壁塗装・クロス貼り替えといったリフォーム費用も増えるので、メンテナンス時期や費用相場も確認しておくと安心です。

また40坪の家を建てるための広い土地を選ぶと、固定資産税や都市計画税が高くなることもあります。

土地面積が200㎡(約60坪)を超えた部分は、「小規模住宅用地の特例」が適用されず税金が高くなります。

ランニングコストのことまで把握して、将来慌てないように準備しておきましょう。

 

まとめ

平均よりゆとりのある40坪の家づくりは、間取りやデザインの自由度が高くこだわりを盛り込みやすいです。

工夫次第でグッと暮らしやすくおしゃれに仕上がりますので、いろいろな間取りアイデアを上手に採り入れてみてください。

今回ご紹介した以外にもたくさんの施工事例がありますので、こちらもお時間のある時にどうぞ。

 

モデルハウス公開中のバナー

クレアカーサでは、2棟のモデルハウスを公開しています。

 

クレアカーサでは、お客様の小さな声も形にするお手伝いをしています。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいかなあ」など、大まかなイメージで大丈夫です。

お客様との何気ない会話からご要望を見つけ出し、アドバイスやご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお声がけください。

 

クレアカーサであなたの夢を叶えてみませんか

私たちクレアカーサ(株式会社日立プロパティアンドサービス)は、千葉県茂原市にある建築会社です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、施工管理技士などのプロの有資格者がタッグを組み、たったひとつのあなたの我が家を完成させていくのがクレアカーサの家づくりです。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。一邸一邸大切に住宅を提供すること。これが当社の家づくりの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをしています。

Contact ~お気軽にお問い合わせください~

  • ■ ショールームや各種イベントのご予約・お問い合わせはこちら
  • ■ 家づくりのヒントがいっぱい!カタログ無料プレゼント

 

 

 

 

 

監修者情報 クレアカーサコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。 ・免許情報 ・資格情報 ・執筆出演 ・受賞歴など

住宅業界の専門性について

免許登録
資格情報
  • 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、
    宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士他
受賞歴
  • ・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞を2シリーズでダブル受賞
    ・三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019 ブロンズデザイン賞
    ・ZEHビルダー評価制度で最高ランクの6つ星を取得 等

アーカイブ

×