1. ホーム
  2. 家づくりコラム
  3. 【これって本当に必要なの?】24時間換気システムの基礎知識
2021年07月26日/ Last updated : 2024年06月24日

【これって本当に必要なの?】24時間換気システムの基礎知識

新しい生活様式の観点からも、住宅の換気はとても重要です。

家づくりを検討している方であれば、「24時間換気システム」というフレーズを耳にしたこともあるのではないでしょうか。

換気は必要とは思うけれど、24時間換気システムは本当に必要なの?

換気を24時間行うことで他のデメリットがあるのでは?

など知らないからこそ不安に感じてしまう部分もあるでしょう。

今回はそんな疑問や不安にお答えする!「24時間換気システムの基礎知識」を解説していきましょう。

あなたの快適な住まいづくりに、ぜひお役立てください。

 

Contents

■ 24時間換気システムとは何?

■ こまめな換気はメリットがいっぱい

■ 24時間換気にかかる電気代は?その他の疑問にもお答えします

■ キレイな空気と床下冷暖房システムで快適に

■ まとめ:換気によって室内環境は大きく変化します

■ クレアカーサであなたの夢を叶えてみませんか

 

24時間換気システムとは何?

海辺でサーフィンを愉しむシンプルでかっこいい平屋の家_リビング3

実際に換気は必要・大切とは感じていても「現状はどうなっているのかは分からない」という方も多いのではないでしょうか。

これから家づくりをされる方にとっての換気とは、「家族の健康を守る礎」となります。

では「なぜ24時間換気システムが必要なのか」を解説していきましょう。

 

24時間換気が生まれた訳

薪ストーブのあるレトロモダンの家

24時間換気システムは、その名の通り「機械を用いて24時間、居室空間の空気を入れ替える設備」です。

室内・室外の空気を常に循環させることで、住空間の空気を常にキレイな状態に維持してくれます。

以前の日本の住宅では、塗り壁や畳など自然の恵みを使用することをメインとした家づくりをしてきました。

そのため調湿機能など優れた面は多々ありますが、気密性においては問題もありました。

○ 年数が経過していく内に、断熱性が下がる。

○ 冬になると隙間風が入り、家全体が寒い。

など暮らしの悩みも年々多くなっていくご家庭も多かったのです。

一方現在は住宅の技術も日々進化し、暑さや寒さにも対策できる高気密住宅が主流となっています。

しかし住宅の高気密化が進むことにより、一部の住宅で「換気性能が十分でない」などの問題が浮き彫りとなり、化学物質やダニやホコリなどが室内にとどまることが誘因とされる「シックハウス症候群などの体調不良」が懸念されるようになりました。

そのため2003年に建築基準法が改正され、「24時間換気システムの設置が義務化」されました。

24時間換気システムは、「居住空間の空気を1時間に半分以上入れ替える」性能を持っていることが基準とされています。

住宅の技術に合わせ住環境をクリアに保つ工夫が施された結果が「24時間換気システム」なのです。

 

24時間換気システムの種類は

一般的に24時間換気システムは、吸気口から外の空気が出入りすることで「窓を開けなくても換気ができる」換気設備です。

主な機能は「外から新鮮な空気を取り入れるための給気」と「室内で汚れた空気を外に排出する排気」によって成り立っており、24時間換気システムは大きく分けて3つの種類になります。

 

第1種換気方式

「給気と排気の全てを機械で行う」のが第1種換気方式です。

換気と排気をするため「機械」が使用され、一定の品質で安定した換気を行うことができるメリットがあります。

しかし換気の効果は高いものの、設備に対しての初期費用やランニングコストなどの負担面は否めません。

ご家族の中でアレルギー体質の人がいるご家庭ではおすすめの換気方式です。

 

第2種換気方式

第2種換気方式では「給気を機械で行い、排気を自然に任せる」形で室内の換気を行います。

どちらかといえば一般的な住宅よりも大きな工場などで導入されているケースが多い方式です。

機械が換気を行うことで常に新鮮な空気を室内に取り込むことができますが、排気面では空気の流れを計算することが大切です。

 

第3種換気方式

第3種換気方式は「給気を自然に行い、排気を機械で行う」換気システム。

最も一般的なスタイルで、多くの住宅で導入されている換気システムです。

ネックとなる初期投資やランニングコストも抑えられ、また室内の排気を機械で行うので「汚れた空気を計画的に排気できる」メリットがあります。

またそれだけではなく、室内の結露を防ぐことも期待できます。

しかし吸気は自然の空気を取り入れるため、周りの寒さや暑さなどの環境に左右されやすいともいえるでしょう。

 

このように24時間換気システムとひとことで表しても、いろいろな種類があります。

家族構成やライフスタイルの違いなども視野に入れ、自分たちに合う方法をセレクトすることが大切です。

 

こまめな換気はメリットがいっぱい

自然素材と光、風に包まれた2階にLDKのある家_キッチン

24時間換気システムの設置が義務化されたとはいえ、いろいろな種類があります。

自分たちに合う換気システムを導入することで、室内の快適性は大きく変化します。

ではこまめな換気によって感じられるメリットをご紹介します。

 

こまめな換気のメリット① カビやダニの予防になる

外気温との温度差だけではなく、私たちが吐き出す空気の中にも水分は含まれています。

こまめな換気を行うことで、いろいろな状況から発生する湿気や結露などを軽減してくれます。

またこうした湿気や結露はカビやダニの発生の要因にもつながります。

しっかりとした換気を行うことでカビ・ダニなどの発生を抑制し、健康面での安心感を得ることができます。

 

こまめな換気のメリット② 有害物質を除去することができる

近年は感染症予防の面からも、こまめな換気が推奨されています。

感染症予防の面では「排気」に注目されていますが、室内に入れたくない物質が屋外の空気中にあるのも現状です。

換気システムに採用されているフィルターは、PM2.5や花粉など室内に取り込みたくない有害物質をガードすることが可能です。

空気清浄機などと合わせて併用することで、より安心度もアップします。

 

こまめな換気のメリット③ 心地よい空間になる

私たちが吐き出す二酸化炭素は、集中力の低下や眠気、息苦しさを引き起こすこともあるといわれています。

そのため室内の換気環境によっては、健康面や精神面に大きな影響をあたえることがあります。

換気ができるシステムを整えることで、外から取り込まれる清々しい空気の中で過ごすことができます。

 

また近年では、「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」にも注目が集まってきています。

ZEH住宅では年間のエネルギー収支をほぼゼロにできるなどの大きなメリットがあります。

エネルギー収支を抑えるためにも室内の空気環境を快適に保つことがカギとなります。

24時間換気システムの良さを最大限活用し室内環境を整え、環境と家計にやさしいゼロエネルギー住宅にすることで価値のある暮らしにすることができます。

 

ZEHのことならクレアカーサにお任せください

クレアカーサでは、2016年から多くのお客様に「省エネルギー住宅」「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」をご提案しています。

その取り組みが実となり、「ORDER HOUSE」「Mine+DESIGN(マインプラスデザイン)」にて、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2020」優秀賞をダブルで受賞させていただきました。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは

一般財団法人日本地域開発センター(主務官庁:国土交通省)が実施する、建物外皮とエネルギー設備機器を一体としてとらえ、総合的に省エネルギー性の優れた住宅を選定する表彰制度です。高い住宅性能と省エネ住宅の普及などに対して評価があたえられる仕組みとなっています。

今後も地球環境保護の取り組みとして、省エネルギー住宅、ゼロエネルギー住宅(ZEH)の普及はもちろん、今まで培ってきた技術や経験を糧に、お客様の笑顔を増やす家づくりをお手伝いさせていただきます。

――――――――――――――――――――

<関連ページ>

○ 「省エネ住宅を徹底解説 性能は?基準は?知りたいこと教えます」

○ 「クレアカーサのZEH住宅の紹介と取り組み」

○ 「千葉で後悔しないZEH住宅を建てるコツとは」

上記のコラムでZEHについて詳しく解説しています。

――――――――――――――――――――

24時間換気にかかる電気代は?その他の疑問にもお答えします

★2020.6~スタッフ集合写真(2015年4月撮影)

 

24時間換気の「ランニングコスト」や「メンテナンス」など、暮らし始めた後のことも気になりますね。

ここでは24時間換気システムの疑問にお答えしていきましょう。

 

24時間換気システムでかかる電気代って高いの?

おうち時間の長くなっている昨今では、電気代も高くなり家計を圧迫しているご家庭も多いのではないでしょうか。

その上24時間稼働する換気システムともなると、気になるのが「電気代」です。

結論からお伝えすると、実際にはお住まいの地域や電気の契約プランによっても変化します。

1ヶ月使い続けて、「100円~500円程度の負担」が一般的です。

例えば機能の低い換気システムで空気清浄機と併用するよりも、機能の高い換気システムをひとつ導入する方がメリットを感じられる場合もあります。

また24時間稼働することでムダな湿気も削減できるため「住宅の耐久性の維持」にも役立つでしょう。

柱や梁など住宅の躯体に使われる木材・鉄骨材の腐食やサビを防ぐなど、見えない環境にも良い影響をあたえてくれます。

 

24時間の空気の出入り 室温は下がる?寒くなる?

24時間換気システムでは空気の交換の際「熱の交換」も同時に行うため、どうしても夏は室温が下がりにくく、冬は室温が上がりにくくなるというデメリットがあります。

とはいえ24時間換気システムを停止してしまっては機能も効果も半減してしまいます。

基本的には24時間稼働が好ましいのですが、真夏や冬場などは適時スイッチを調整して「外気温とのバランスを調節する」ことも方法のひとつです。

 

24時間換気できるなら、窓を開ける必要はないの?

24時間換気システムは室内の空気を自然に入れ替えしてくれる機能を持っています。

そのため、理論的には窓を開けなくても年中快適に過ごすことは可能です。

しかし24時間換気システムの場合、計画的な換気となるため

「短時間での換気」や「部屋中全ての空気を24時間換気システムのみで入れ替える」ことは不可能なのです。

家族の集う空間の隅々まで新鮮な空気を行き渡らせるためには、最低限の換気は必須となります。

また窓を開けて空気の入れ替えを行うことで精神面もリフレッシュし、室内のニオイを削減するなどの効果も期待できます。

快適な環境の中で生活するためにも適度に窓を開けた換気もするように心がけましょう。

 

換気システムってどんなメンテナンスをするの?

24時間稼働することで設備には汚れもついてしまいます。

使用している機械によってメンテナンス方法は異なりますが、一般的には月に1度の定期的な清掃に加え、2年に1度は新しいフィルターに交換することをおすすめします。

フィルターの掃除は、掃除機でホコリを吸い取る、水洗いをするなど簡単なものが多く時間もかかりません。

またフィルター交換を定期的に行うことで電気代の負担も軽減できます。

効果的に換気を行うためにも、こまめなお手入れを心がけましょう。

 

いくつかの疑問にお答えしてきましたが、こんな部分はどうなの?ここが知りたい!という方もいらっしゃると思います。

クレアカーサでは、小さな疑問からお客様が感じる不安までしっかりと対応させていただきます。

こんなこと聞いてもいいのかな?ということでも、ご安心ください。

お気軽にスタッフへお尋ねください。

 

キレイな空気と床下冷暖房システムで快適に

24時間換気システムでは熱の交換も行うため、若干ではありますが「夏は室温が下がりにくく、冬は室温が上がりにくくなる」という傾向があります。

それらを解消するため、またさらに快適性を高めるためには設備をプラスすることが挙げられます。

その方法は様々ありますが、クレアカーサでは住宅内の環境を心地よく整えてくれる「床下冷暖房システム」をおすすめしています。

床下冷暖房システム,エアボレー

このエアボレーは温度差が少ない室内環境を実現し、冬は床暖房効果で足元から暖かく、夏は風を感じない清々しい涼しさを提供してくれます。

ヒートポンプを使った空調なので地球環境にも優しく、初期費用も低コストに抑えられます

クレアカーサの家であれば、住宅デザインにこだわりながら快適性をアップさせることも可能です。

床下冷暖房システムを設備することで、心と身体、お財布にも優しい家をめざすことができます。

セミオーダー×ZEH バーカウンターのある家_リビング

 【施工事例:セミオーダー×ZEH バーカウンターのある家】

こちらのお住まいでは24時間換気に合わせ床下冷暖房システムを導入されています。

「室内のどこにいても温度差が無い床下冷暖房システムには、遊びに来た友人も驚いていました。設置して大正解です」というお言葉も。

セミオーダー×ZEH バーカウンターのある家_バーカウンター

アイランドキッチンには木目が美しいカウンターを設置し、リラックスした時間を愉しむバーカウンターがあり、おうち時間も楽しく過ごせる工夫もいっぱいです。

こちらのお住まいをもっと見たい方はこちら>>「セミオーダー×ZEH バーカウンターのある家」

>>その他の事例を見たい方はこちら

------------------------

■ おすすめ関連ページ

○ 最新情報を公開中「スタッフブログ」

○ 最新のイベント情報はこちら

○ 新しい家づくりを検討中の方におすすめ「雑誌「Cal」にオーナーのT様が掲載されました」

○ 「月刊スマートハウス」6月号に掲載されました!

○ ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020ダブル受賞

------------------------

※下のページでは一年中快適空間を演出する!クレアカーサの冷暖房システムを詳しく説明しております。

床下冷暖房システムをもっと詳しく知りたい方こちら>>「快適とエコを両立させた やさしい床下冷暖房システム」

 

まとめ:換気によって室内環境は大きく変化します

今回は、住まいの環境を整えてくれる!24時間換気システムの基礎知識をクローズアップしてきました。

装置としては小さなものですが、家全体の環境を左右する大きな存在でもあります。

家族構成やライフスタイル、間取りや動線などをふまえ、自分たちに合う換気方法をセレクトしていきましょう。

 

クレアカーサでは、お客様の小さな声も形にするお手伝いをしています。

今まで培ってきた家づくりの経験やノウハウを活かすことで、解決策も見つかることも多いのです。

「こんな暮らしに憧れている」「こんな形がいいかなあ」など、大まかなイメージでも大丈夫です。

お客様との何気ない会話からご要望を見つけ出し、アドバイスやご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお声がけください。

 

クレアカーサであなたの夢を叶えてみませんか

私たちクレアカーサ(株式会社日立プロパティアンドサービス)は、千葉県茂原市にある建築会社です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、施工管理技士などのプロの有資格者がタッグを組み、たったひとつのあなたの我が家を完成させていくのがクレアカーサの家づくりです。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。一邸一邸大切に住宅を提供すること。これが当社の家づくりの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをしています。

■ ショールームや各種イベントのご予約・お問い合わせはこちら

■ 家づくりのヒントがいっぱい!カタログ無料プレゼント

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

クレアカーサ(CREACASA)は、イタリア語で”家 ・ 家族を創り出す”

という意味を示しています。

あなたの想いを私たちに伝えてみませんか。

 

株式会社日立プロパティアンドサービス  クレアカーサ ショールーム&モデルハウス

■住所 〒 297-0037 千葉県茂原市早野2648-1

■フリーダイヤル 0120-35-3436

■営業時間 10:00~18:00  ■定休日 毎週火・水曜日

■施工対応エリア 千葉県全域  ※詳しくはお問い合わせください

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

監修者情報 クレアカーサコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。 ・免許情報 ・資格情報 ・執筆出演 ・受賞歴など

住宅業界の専門性について

免許登録
資格情報
  • 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、
    宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士他
受賞歴
  • ・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞を2シリーズでダブル受賞
    ・三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019 ブロンズデザイン賞
    ・ZEHビルダー評価制度で最高ランクの6つ星を取得 等

アーカイブ

×